カーテンサイズの測り方

 → カーテンレールの端から端まで
・両開きの場合は、レールの幅が300cmまでなら+10cm。それ以上の場合は、レール幅に5%を足します。

 → カーテンレールについているランナーのリング
・掃き出し窓(床まである窓)の場合は、リングの下~床まで測ります。床にすれないように、-1cmにするのが標準です。[図.1]
・腰高窓(腰くらいまでの高さの窓)の場合は、リングの下~窓枠の下まで測ります。枠の下までの長さに+10~20cmにすると格好良く決まります。[図.2]
家具の配置などによって、お好みで調整してください。
・出窓の場合は、基本的には腰高窓と同じですが、カーテンが出窓のカウンターに当たるようならカウンターまでの長さ-1cmしましょう。

カーテンサイズの測り方

 

フック → レールの取り付け方によって、仕立てが変わる
・Aフック仕様
天井付(レールを見せるタイプ)
カーテンボックスや装飾レールに使います。
形態安定加工カーテンにはAフックがおすすめ!ヒダがキレイに出ます。
・Bフック仕様
正面付(レールを隠すタイプ)
機能レールのドレープ(厚手)側に使います。
カーテンレールを見せたくない、より光が漏れるのを防ぎたいかたにおすすめ!
※レースカーテンはAフックが基本仕様となります。